焼香の準備

葬儀の準備を行う世話役を決めますが、そのうちの一人、進行係が焼香の際の進行役も担います。
進行係は世話役代表や葬儀社スタッフと綿密に打ち合わせて、どのような手順で進めるのか、しっかり把握しておく必要があり、葬儀を執り行ううえで最も重要な役割を果たします。

焼香の手順は、まず導師が焼香を行ってからスタートです。
その次に「では、これより焼香を行います」などと言って開始となります。

僧侶が読響しているなか、喪主から始め、遺族、近親者、会葬者の順に焼香していきます。この時、順番がきた人の名前を呼び上げる必要はありませんが、進行が滞ったときには、無言で指し示して順番を促すなど、さりげなくサポートするようにするとスムーズにすすみます。

焼香を終え、戻ってくる人には軽く会釈をするなど、参列してくれた方々へここでも感謝の気持ちを表すようにすると丁寧です。

葬儀や告別式では、抹香を用いるのが通例となっています。

色々な宗派に対応した葬儀 千葉会社がオススメ。自分の祖先の教えを大事にして、適切な葬儀を行うことができるようにしていきましょう。




更新情報・お知らせ

2012/03/16
葬式でのお焼香更新
2011/01/04
葬式でのお焼香を更新。
2011/01/04
費用を更新。
2011/01/04
焼香の方法を更新。
2011/01/04
葬式に必要なマナー・焼香編を更新。
2011/01/04
ホームページリニューアル
葬式に必要なマナー・焼香編| 2011年12月05日

サイトメニュー

おすすめ関連サイト


ひまわり会
もしもの時の安心サービス

コープ生協のお葬式
誰もが知ってる生協でのお葬式

小さな火葬式
追加料金が発生しない